「大屋政子」夢の跡 病床でも浴衣にコマンドール勲章

芸能週刊新潮 2016年8月23日号別冊「輝ける20世紀」探訪掲載

「母が亡くなって17年、今になって母の取った行動には、全て意味があったんだと思うんです」

 大阪・阿倍野区。亡き母が遺した帝塚山病院の理事長室で大屋登史子さんは、母・大屋政子(享年78)を振り返る。理事長机の椅子には、政子が愛用した、ショッキングピンクのカーディガンが今もかけられていた。もっとも大屋政子といえば、まず浮かぶのがミニスカート姿だ。

...

記事全文を読む