小林麻央さんも頼った「代替医療」について考える

エンタメ 芸能 2017年7月6日掲載

  • ブックマーク

気功をしても「身体が鈍感だから効果がまだよく分からないの」が口癖

 34歳の若さで亡くなった小林麻央さん。幼い子ども2人を残してこの世を去る心中は察するに余りあるが、「標準治療を選んでいれば助かったのではないか」と、その死を惜しむ声があがっている。

 乳がんそのものは手術での除去に加えて、放射線治療・抗がん剤・ホルモン療法・分子標的治療薬を組み合わせる“セオリー通り”の標準治療を行っていれば、5年生存率が90%を超えたとされる。...

記事全文を読む