世界は妄想に満ちている 「世界連邦総裁就任」はなぜボツになったのか

社会 2017年7月6日掲載

■「フェイクニュース」が流行語に

 トランプ大統領のおかげで「フェイクニュース」という言葉は、すっかり世界的な流行語となった。

 日本でも小泉進次郎代議士が会見で、「フェイクニュースの時代ですね。何が本当で、何が嘘か。一連の報道を見ていても、分からない」と語るなど、話題になることが増えた。

...

記事全文を読む