91歳エリザベス女王 スピーチ延期の真相と戴冠問題

国際週刊新潮 2017年6月29日号掲載

 91歳の誕生日を4月に迎えられた英国の元首、エリザベス・アレクサンドラ・メアリー。英国君主としては、史上最高年齢であり、在位期間(1952年〜)も2015年には歴代最長だったビクトリア女王(在位1837〜1901年)を抜き、65年を超えた。

 お誕生日の4月21日でなく比較的天気の良い6月に行われることが慣例化した公式誕生会は、今年は17日に始まったが、女王は白いドレスに白の帽子で、バッキンガム宮のバルコニーに姿を見せた。この日、女王は異例の声明で、“今年は国全体が陰鬱で重苦しい雰囲気です。

...

記事全文を読む