デイリー新潮

芸能

中村勘三郎、周富徳…遺族が明かした難病「誤嚥性肺炎」の恐怖

現在発売中

週刊新潮 2017年6月29日号 
2017/6/22発売

ネット書店で購入する

 戦慄の病魔に蝕まれ、命を落とした著名人は少なくない。残された家族は、では不条理な日々といかに向き合ってきたのか――

 ***。

 ものを食べる時、通常は気管が自動的に閉じる仕組みになっている。この反射的な働きが「嚥下(えんげ)」であり、誤って食物が入り込んでも「咳反射」、つまりむせたり咳き込んだりすることで排出され、事なきを得る。

...

記事全文を読む

  • 週刊新潮
  • 2017年6月8日号 掲載
  • ※この記事の内容は掲載当時のものです

この記事の関連記事