大ブレイク「梅沢富美男」の抱える意外な悩み CM決まらない

芸能週刊新潮 2017年6月8日号掲載

 時には悲劇、時には喜劇を演じる「下町の玉三郎」は、今やテレビ番組のご意見番として大ブレイク中である。その歯に衣着せぬ物言いで視聴者の溜飲を下げる梅沢富美男(66)だが、売れっ子にもかかわらず、意外な悩みを抱えていた。

 ***

 べらんめぇ口調で義理人情に厚い。道理に合わないことには食ってかかるけど、女も酒も好きと言って憚らない。ひと昔前だったら、どこの近所にもこんなオヤジがいたものだが、それを体現する梅沢は、テレビ界で貴重な存在になっている。

 スポーツ紙の芸能担当記者が言う。

...

記事全文を読む