塩野七生が語る「トランプ時代」の日本の針路

国際週刊新潮 2017年4月6日号掲載

■塩野七生『ギリシア人の物語II』刊行!「トランプ時代」の日本の針路(1)

 作家・塩野七生さんが古代ギリシアの都市国家アテネの盛衰を描く『ギリシア人の物語』。先頃刊行された第2巻のテーマは「民主政の成熟と崩壊」である。時に民意が暴走を見せる「トランプ時代」に、日本は如何なる針路をとるべきか。

 ***

――アメリカでトランプ大統領が誕生して、2カ月あまりが経過しました。各国首脳や既存メディアがトランプの発言に翻弄される一方、アメリカ国民の半数近くが支持しているのも事実です。古代ギリシアにも同様の「トランプ現象」があったことが、この作品を読むと、よくわかります。

...

記事全文を読む