デイリー新潮

社会

櫻井翔パパは「社長」だった わかりにくすぎる「官僚の肩書」を一挙解説

 小池百合子都知事の話題が多すぎるので、忘却の彼方に消えつつあるが、昨年の都知事選で一時期「有力候補」とされたのが、嵐の櫻井翔さんの父親、桜井俊総務事務次官(当時)であった。世間的には、あまりなじみがない「事務次官」という肩書が、この時ほどクローズアップされたことはなかっただろう。

 「事務」は事務員を連想させるし、「次官」は「2番手」という印象があるので、あまり偉い感じがしないが、キャリア官僚のトップにあたる肩書が「事務次官」。

...

記事全文を読む

  • 2017年3月21日 掲載
  • ※この記事の内容は掲載当時のものです

この記事の関連記事