森下仁丹、“第四新卒”中高年を採用 愉快な出世レース

企業・業界週刊新潮 2017年3月16日号掲載

 忠誠を誓ってきた会社員人生。その来し方に思いを巡らせ、50歳を前にして、もうひと花咲かせたいと野心を持つ人もいよう。

 創業124年。口中清涼剤の“仁丹”で知られる森下仁丹が40代から50代を対象に中途採用を実施している。経済部記者の話。

「中高年の採用を“第四新卒”と名付け、今月1日から募集しています。新聞広告等で大々的に告知。幹部候補数人を採用する予定です」

 実際、1日付の日経新聞では“オッサンも変わる。ニッポンも変わる。”とインパクトある大広告を掲載した(写真)。

...

記事全文を読む