「学歴フィルター」を就活生はどうすれば乗り越えられるか キレイゴトぬきの就活論(5)

ビジネス 2017年1月25日掲載

■学歴フィルターは存在する

 いかに「学歴不問」「実力本位」と企業側がアピールしても、それを真に受ける人はそう多くないだろう。採用にあたっては、ある程度、大学のランク、偏差値も考慮していると考える方が普通だ。

 就活に詳しいライターの石渡嶺司さんは、こう解説する。

「昔は、企業によっては、指定した大学の学生しか受験できない、『指定校制度』がありました。今も大手企業には、『ターゲット校』を設定しているところがあるのは事実です。ただし、かつての指定校ほど厳しい縛りではないので、学生の実力、努力次第では挽回も可能です。

...

記事全文を読む