「声優のアイコ」事件、別人格犯行説をめぐる法廷バトル 精神科医は別人格に会っていた

社会新潮45 2017年2月号掲載

「声優のアイコ」事件の裁判が大詰めを迎えている。女装をして昏睡強盗を繰り返していた神いっき被告が、乳房切除手術を受け男性として暮らす性同一性障害者であることから世間の注目を集めたこの事件。

 別人格との遭遇も経験したインベカヲリ★氏が、法廷の模様を「新潮45」2月号の『再び別人格が現れた「声優のアイコ」事件法廷』という記事でレポートしている。

 ***

 平成26年9月から始まった裁判では、当初、神被告は犯行時の記憶がなく、一貫して容疑を否認していた。

...

記事全文を読む