名手・高木豊、すすきのでガールズバーを経営 「阿部慎之助や中田翔も顔を出してくれる」

野球週刊新潮 2016年12月29日・2017年1月5日新年特大号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

高木オーナー(左)と店長

 横浜大洋ホエールズ時代には「スーパーカートリオ」として知られ、横浜ベイスターズ、日本ハムファイターズに所属していた高木豊氏(58)。そんな“往年の名選手”が、札幌のネオン街にガールズバーを構えていた。

 ***

 現役時代に二塁手(セカンド)として活躍した高木氏が経営する店は、その名も「Second」。20~30代の女の子が客を出迎え、1セット1時間で2500円の良心的な価格設定だ。

 高木氏本人は、店を始めた理由を“野球ファンと触れ合う機会を作りたかった”と語る。

「16年6月に店をオープンさせました。中大の後輩の阿部慎之助に、中田翔や森福允彦なんかも顔を出してくれます」

 アテネ五輪では日本代表チームを指導した高木氏、その「コーチ術」で女性店長を鍛え、経営は順調。この12月には西麻布に2号店もオープンさせたという。現在発売中の「週刊新潮」で、夜の店の経営術を詳しく語った。