「主人と長年関係のあった女性は4人」 妻が語る徳大寺有恒

エンタメ週刊新潮 2016年12月22日号掲載

 40年前、96万部のベストセラー『間違いだらけのクルマ選び』を世に送り出した自動車評論家の徳大寺有恒(本名・杉江博愛)。多くの読者に支持されたのは、ユーザーの目線に立ったこと。それだけでなく、批判の対象である自動車メーカーへも優しさを感じさせるアドバイスを送っていたからだ。私生活でも妻の悠子さんだけでなく、他の女性への優しさを忘れなかった。

 ***

 主人と初めて会ったのは、私が18歳で向こうが20歳の時でした。私は高校を卒業してデパートに就職したばかり。

...

記事全文を読む