デイリー新潮

政治

福島瑞穂、党首を落として当選会見 「デリカシーがないとしか」

現在発売中

週刊新潮 2017年6月1日号 
2017/5/25発売

ネット書店で購入する

 日頃、自分が正しいと思っている人ほど、デリカシーがないものである。さて、この人の場合はどうか。社民党の吉田忠智党首(60)を落選させ、自分だけが当選した福島瑞穂副党首(60)。今回の結果に後ろめたさなど、微塵も感じていないようなのだ。

 ***

「中々辛いことですね……」

 その後、5秒程沈黙して、

...

記事全文を読む

  • 週刊新潮
  • 2016年7月21日参院選増大号 掲載
  • ※この記事の内容は掲載当時のものです

この記事の関連記事