ベッキー騒動の損失 サンミュージックの夏のボーナスがゼロに

芸能週刊新潮 2016年7月14日号掲載

“ボーナス”とは、ラテン語で「良い」を意味する「BONUS(ボヌス)」が転じたものだという。とすれば、看板タレントの不行跡という凶事に見舞われた面々には、およそ相応しくはあるまい。ベッキー騒動いまだ冷めやらぬ所属事務所「サンミュージック」の、懐具合にまつわるお話である。

 ***

 ベッキーは新年早々「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音との不倫を週刊文春に報じられ、休業状態に。5月には「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(TBS系)で涙の謝罪に及び、104日ぶりのテレビ復帰を果たしたのだが、いぜん本格復帰への道は険しいという。

...

記事全文を読む