「広島の味」を全国区にしたカルビーのかっぱえびせん――いま、広島が熱い!(4)

社会 2016年6月23日掲載

 サクサクとした食感とほのかな塩味。鼻腔をくすぐるえびの香り。カルビーのかっぱえびせんは誰でも知っている国民的なお菓子だが、よくよく考えてみると妙な食べ物である。せんべいのようでせんべいでなし(そもそも原料はコメではなく小麦粉だ)、「何に似ているか」と聞かれても他に思いつくものがない、唯一無二の存在である。「ちょっとだけ」のつもりで袋を開け、「やめられない、とまらない」状態になって袋を空っぽにしてしまった人も少なくないだろう。

 新潮新書『広島はすごい』によると、実はこのかっぱえびせん、創業者が子どもの頃に親しんでいた「広島の味」を全国区に仕立て上げたものだという。

...

記事全文を読む