舛添元都知事のケチと虚言の原点を探る――長屋暮らし、執筆の介護本は嘘まみれ

政治週刊新潮 2016年6月16日号掲載

 いとも簡単に人を切り捨て、攻撃する冷酷さ。病的と表現する他ない吝嗇家ぶり。そして、嘘と脚色で塗り固めた自らの経歴。舛添要一氏の人間性はいかにして形作られたのか――。

 ***

 福岡県北九州市の八幡東区。大蔵川にかかる三条橋のたもとに、かつて、三条市場と呼ばれたうらぶれた商店街が存在した。今では駐車場が広がり、民家や商店がポツリポツリと建つのみになっているその一角こそ、目下、世上の人々を大いに苛立たせている人物、舛添氏が生まれ、高校3年までを過ごした場所である。

...

記事全文を読む