清水ミチコが「真田丸」で見せた“顔芸” 2分半

芸能週刊新潮 2016年5月19日菖蒲月増大号掲載

 大河ドラマ史に残る、およそ2分半――。

 眼(まなこ)半眼に開け、取り付く島もない。ふて腐れた表情を崩すことなく、話しかけられてもプイッ! コミュニケーションが必要な時には、翻した扇子で口元を隠し、側室を相手にヒソヒソ。

「少しは笑って見せてくれ。わしに嫁いでからずっとその顔じゃ。笑ってくれ」

 と家康に懇願され、仏頂面でまたヒソヒソ、側室が、

「笑っておられるそうです……」

 5月1日に放送された大河「真田丸」(NHK)で、政略結婚により家康に嫁がされた秀吉の妹・旭姫を演じたのは清水ミチコ(56)。

...

記事全文を読む