GPIF新理事長「高橋則広」はホントに凄腕か?

企業・業界週刊新潮 2016年4月7日号掲載

 春の訪れは嬉しいものだが、季節の変わり目には体調を崩す人も少なくない。日本郵政の西室泰三社長(80)に次いで、今度は年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の三谷隆博理事長(67)が3月22日、“体調不良”を理由に退任した。後任にはJA三井リースの高橋則広社長(58)が就任するが、その手腕やいかに。

 東大法学部卒の高橋氏は農林中央金庫(農中)出身。農中では債権投資部長や開発投資部長を歴任し、主に“運用畑”を歩んできた。全国紙の経済部記者は高橋氏を“凄腕”と評して、

...

記事全文を読む