イスラエル「精鋭サイバー部隊」の「ハリポタ」訓練

国際週刊新潮 2016年4月7日号掲載

 イスラエルとは、「神に勝つ者」の意だそうな。カナンへの帰途、一晩中何者かと組み合ったノアの子孫ヤコブ。朝の訪れとともに相手=神はヤコブにその名を授けて去り、彼はユダヤ人の祖となったという。

「周囲の国がすべて敵と言ってよい同国は国民皆兵、軍も精強で知られます。が、最近、サイバー部隊の訓練に『ハリー・ポッター』シリーズの世界観を取り入れ、話題になっています」(外信部記者)

 陸海空軍から選ばれたサイバー部門の士官たちが、ホグワーツ魔法魔術学校の寮〈グリフィンドール〉や〈スリザリン〉といったチームに分かれ、バーチャルなトレーニングを行ったのだ。

...

記事全文を読む