格差の是正を熱く唱えて「古舘キャスター」の年間出演料12億5000万円

社会週刊新潮 2016年3月31日号掲載

 東京の桜が満開を迎える頃、日本で最も有名な“夜の顔”が静かに姿を消す。だが、12年もの長きに亘り、“庶民の代弁者”として熱弁を振るってきた古舘伊知郎キャスター(61)である。世間という碁盤を挟んで対峙した碁仇の退場を惜しみつつ、ひとつの疑問が湧き上がった。あんなに荒稼ぎしながら、どうして庶民の気持ちがわかったの?

 ***

 今月末をもって『報道ステーション』を降板する古舘キャスターはここ数年、以前にも増して激しく持論を唱えるようになった。

 昨年1月に放映された堀江貴文氏とのやり取りでは、

...

記事全文を読む