“対外的には、別れたことにして欲しい”「二股交際」をするための卑劣な工作も 自民・石崎徹代議士

政治週刊新潮 2016年3月24日号掲載

 不倫路チューの中川郁子元農水政務官、不倫騒動を起こした宮崎謙介育休議員、未公開株トラブルで自民党を離党した武藤貴也代議士……と2012年12月の総選挙で初当選した“安倍チルドレン”たちの不祥事が絶えないが、新潟1区選出の石崎徹代議士による秘書へのセクハラ行為も発覚した。

 石崎徹連合後援会の渡辺毅会長が打ち明ける。

「石崎君が、地元秘書を公募し、14年の4月、30代前半の女性が運転手兼秘書として採用されました。ところが、そのわずか1カ月後、別の秘書から、その女性が石崎君に言い寄られ、それを苦に事務所を辞めることになったと報告があった。

...

記事全文を読む