福島第一原発を視察した「田原総一朗」(3)“事故前にこれだけ細やかにやっていれば、こんなことにならなかった”

社会週刊新潮 2016年3月17日号掲載

 ジャーナリスト田原総一朗氏(81)が、初めて福島第一原発を訪れ、“フクシマ”を語る。同席するのは澤田哲生・東京工業大学助教授(原子核工学)、増田尚宏氏(東京電力・福島第一廃炉カンパニープレジデント)。そして前回、東京電力副社長で福島復興本社代表の石崎芳行氏も加わった。いつしか話題は、“司令塔なき”日本の原子力総合政策に。「形としては原子力委員会がありますが」という澤田氏には、田原氏は「担当大臣は島尻安伊子だ。あれが委員会を仕切っているんですよ」という意見。

...

記事全文を読む