「大金持ちのパトロン」よりも、年収1億円の「吉田鋼太郎」を選んで電撃婚!

芸能週刊新潮 2016年1月28日号掲載

 1月1日に吉田鋼太郎(57)が入籍した“22歳年下の一般女性”とは、銀座のとあるクラブのママ、志保さん(仮名)である。結婚を機にママを引退した彼女だが、現役時代には、70代半ばの実業家・Aさんがパトロンとしてつき、月に200万~300万円は使わせていたという。「政財界の顔役として知られ、政治家とゼネコンや電力会社を結ぶ大物フィクサーです」(全国紙の社会部デスク)。ママとAさんが別れ話をしたのは9月半ばで、吉田と知り合ったのも9月というから、志保ママはこの大物を“ポイ捨て”した形になる。

...

記事全文を読む