「MRJ」20機“お買い上げ”はリース業界「風雲児」

企業・業界週刊新潮 2016年3月3日号掲載

「国産初のジェット旅客機が初飛行を遂げました」。2月23日に56歳の誕生日を迎えられた皇太子殿下はこの1年を振り返り、嬉しい出来事の1つに三菱リージョナルジェット(MRJ)の試験飛行を挙げられた。

 そのMRJは1年半前に日本航空が発注して以降は新規受注が途絶え、主翼の強度不足を指摘されるなど苦難続きだった。が、ようやく“追い風”が吹き始めたという。

 三菱航空機の森本浩通社長(62)は2月16日、シンガポールで開かれた航空見本市で、米国フロリダ州に本社を置くエアロリースからMRJ20機を受注したと発表。

...

記事全文を読む