シャープ救済「鴻海」に暴動や自殺多発のイヤな過去

企業・業界週刊新潮 2016年2月25日号掲載

 シャープの救済を巡り、“半官半民”の産業革新機構が、台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業有限公司に敗れたそうだ。決め手は莫大な支援額のみならず、鴻海の郭台銘会長(65)が現経営陣の交代を求めず、社員の雇用を維持すると明言したからだ。が、この言葉を額面通り信じて良いものか。

 目下のところ、鴻海はシャープにとっては“救世主”だが、中国では別の顔を持っているのだという。

「中国の工場はどこも劣悪な環境で知られていますが、鴻海の工場もその例外ではありません」

 こう苦笑するのは、中国事情に詳しいジャーナリストだ。

...

記事全文を読む