新監督と“WIN-WIN”で捕手に出戻る「阿部慎之助」

野球週刊新潮 2016年2月11日号掲載

 プロ野球各球団のキャンプが始動した。

 高橋由伸新監督(40)率いる巨人では、捕手に復帰する阿部慎之助(36)に注目が集まっている。

 昨季は原前監督が一塁手に配転を厳命。守備の負担を軽減することで打者としての貢献を期待されたが、結果は2割4分2厘15本塁打と振るわず。契約更改も、球界最高年俸の5億1000万円から1億8400万円減の3億2600万円でサインを余儀なくされた。

「金欠の影響でしょうか、毎年恒例のグアム自主トレは、例年なら坂本や長野ら若手を大勢引き連れて賑やかなのですが、今年は慎之助独りで寂しいものでした」

...

記事全文を読む