あの欧陽菲菲の“姪”は「超絶美少女」!

芸能週刊新潮 2016年2月4日号掲載

 台湾出身の欧陽菲菲(66)が『雨の御堂筋』で日本デビューを果たしたのは1971年のこと。彼女の『ラヴ・イズ・オーヴァー』は、30年以上経た今もカラオケで愛唱されているが、今年、姪でチェロ奏者の欧陽娜娜(オウヤンナーナー)(15)が、Nana(ナナ)の芸名で日本デビューする。

「欧陽菲菲の弟の次女です。長女のニーニーは女優、三女のディーディーはバイオリン奏者で、台湾では才能ある美人三姉妹として有名。なかでも娜娜は天才超絶美少女、国民の妹と呼ばれるほどの大スターなのです」(芸能記者)

...

記事全文を読む