中国が検討を始めた“ポスト「金正恩」に「金正男」”の秘密工作

韓国・北朝鮮週刊新潮 2016年1月21日号掲載

 1月6日に北朝鮮が発表した「水素爆弾実験成功」の真偽に関しては、専門家の見解はマユツバという点で概ね一致している。一時は世界を震撼させた殺戮兵器は“張り子の水爆”だったわけだが、今回の核実験だけに限れば、最もコケにされたのは中国だろう。

 金正日政権下を含め、北朝鮮は過去3回の核実験で中国への事前通告を欠かしたことがない。ところが、今回はお目付け役であり、最大の後ろ盾でもある中国を無視する格好で核実験に踏み切った。

 何よりもメンツにこだわる中国にとって、飼い犬に手を噛まれたどころの騒ぎではあるまい。

...

記事全文を読む