デイリー新潮

政治

【参院選】目玉候補に“女性外交官”を用意した「公明党」 福島瑞穂しか当選できない「社民党」

現在発売中

週刊新潮 2017年6月1日号 
2017/5/25発売

ネット書店で購入する

 半年後に控えた参院選挙。10増10減の機に乗じて、自民とタッグを組む公明党は“目玉”を用意してきた。1増で改選3となった福岡選挙区に同党が24年ぶりに擁立したのは、女性外交官である。飯塚市出身の高瀬弘美氏(34)は、創価大を卒業後、外務省に専門職で入省。米国や東ティモールに駐在した経歴を持つ。公明は13年にも、神奈川選挙区で創価大卒の女性弁護士・佐々木さやか氏(34)を擁立、信心の甲斐あってか無事当選へと導いている。

...

記事全文を読む

  • 週刊新潮
  • 2016年1月14日迎春増大号 掲載
  • ※この記事の内容は掲載当時のものです

この記事の関連記事