第154回芥川賞は滝口悠生さん「死んでいない者」、本谷有希子さん「異類婚姻譚」のダブル受賞、直木賞は青山文平さん『つまをめとらば』

社会

 第154回芥川龍之介賞、直木三十五賞の選考会が1月19日築地・新喜楽にて行われ、芥川賞に滝口悠生さん(33)の「死んでいない者」(文學界12月号)、本谷有希子さん(36)の「異類婚姻譚(いるいこんいんたん)」(群像11月号)が、直木賞に青山文平さん(67)の『つまをめとらば』(文藝春秋)が選ばれた。

 滝口悠生さんは1982年、東京都生まれ。2011年「楽器」で第43回新潮新人賞を受賞してデビュー。2014年『寝相』(新潮社)で第36回野間文芸新人賞候補、2015年『愛と人生』(講談社)で第37回野間文芸新人賞受賞、第28回三島由紀夫賞候補。

...

記事全文を読む