夏樹陽子「三國連太郎さんに誘われた大腸の内視鏡検査で……」 がんに打ち克った5人の著名人(2)

芸能週刊新潮 2015年12月10日号掲載

 女優の夏樹陽子さん(63)も、自分からではなく、アドバイスに従って検査を受けたことで、難を逃れたひとりである。

 ファッション・モデルから女優に転じ、77年の千葉真一主演の映画『空手バカ一代』にヒロインとしてデビュー。国際C級ライセンスを持ち、愛車はフェラーリ。押しなべて車高が低い“跳ね馬”を相棒とするのは、腰回りの柔らかさ、すなわち若さを養う目的だとか。

 さて、近年もNHK連続テレビ小説『マッサン』に出演するなど、活躍を続ける彼女を大腸の内視鏡検査に誘ったのは、2年前に物故した俳優・三國連太郎さんだった。

...

記事全文を読む