2025年には、介護職員が38万人不足する―― 低賃金の重労働が「介護現場」をここまで荒廃させた!(4)

社会週刊新潮 2015年12月10日号掲載

 介護の現場に質の低下をもたらしている原因として、行政の怠慢も無視できない。

 筆者は母親がケガをした件を含め、ヘルパーの問題点をケアマネージャーを通じて複数回、世田谷区に報告している。しかし、そのほとんどは、「あっ、そうですか」といった対応で終わってしまうのだ。

 重大な事故の報告があった場合、行政は速やかに事業者に対して指導すべきだが、あまりにも腰が重い。行政としては、事業者を厳しく処分することで、ただでさえ限られた数の介護職員やヘルパーが逃げ出し、業界が立ち行かなくなることを危惧している。

...

記事全文を読む