「日本一の浮気者」と「錦織圭」を叩く中国ニュースの恨み

スポーツ 週刊新潮 2015年12月17日号掲載

  • ブックマーク

 どうやら、国ごとに違うのは、言葉や習慣ばかりではないようである。日本では、“テニス界の貴公子”と称される錦織圭(25)だが、お隣の中国では、“日本一の浮気者”などと、ネット新聞で徹底的に叩かれているのだ。一体、なぜなのか?

 ***

得意なのはテニスばかりではない!?

 そもそものきっかけは、11月25日、錦織と卓球の石川佳純(22)が揃って、リオデジャネイロ五輪の公式スポンサーである「P&G」主催のイベントに参加したことだった。

 スポーツ紙の記者が解説する。

「その場で、互いにメダル獲得へ意気込みを語り、さらには、2人の交遊関係も明らかにしていた。だいぶ前からの知り合いで、3、4年前には一緒に卓球をしたり、数カ月前にはテニスも楽しんだということでした」

 ほんのそれだけのことなのだが、中国ではかなり偏った記事になっていたのである。

 例えば、日本における“ヤフーニュース”のようなサイト“新浪網”は翌26日、

〈錦織圭 石川佳純との親密交際自ら明かす 福原愛はどうする?〉

 というタイトルで、次のように報じている。

〈2009年に福原愛とのデートがスクープされ、大騒ぎになった錦織だが、2010年には破局。その後、新体操選手の坪井保菜美との熱愛が発覚している。(略)しかし、今年になって、関係にひびが入り、婚約は解消された。錦織は六本木でグラビアモデルの観月あこと一緒にいる姿を目撃され、あらたな恋が噂されたところだが、なぜ、ここに石川が登場したのだろうか〉

■アイドル並み

 さらに、香港の“鳳凰網”(11月27日付)では、

〈日本一の浮気者 7年で女性5人をとっかえひっかえ 愛ちゃんを泣かせる〉

 と題し、

〈錦織はテニスの世界ランクの上昇も目覚ましいが、彼女を交換するペースはそれ以上。石川佳純の前に5人もの彼女をとっかえひっかえしている〉

 と記している。

 その5人とは、“新浪網”にも名前の出た、福原、坪井、観月のほか、“ミスコン女子大生”とファッションモデルの桐谷美玲だという。

 そして、錦織のプレイボーイぶりは、日本のスポーツ界ではなかなか見られない珍事であると締め括っているのだ。

 確かに、福原との原宿デートを「フライデー」に撮られたり、坪井や観月との熱愛が報じられたりしたが、桐谷の場合は、テレビ番組で、“一番会ってみたい人”として錦織が名前を挙げただけなのである。

 なぜ、ここまで叩かれるのか。

 中国に詳しい、ジャーナリストの高口康太氏がこう言う。

「向こうで、福原愛ちゃんの人気はアイドル並み。ぷくぷくっとした顔から、おみやげ屋などで売っている瓷娃娃(ツーワーワー)という磁器人形のようにかわいいと言われています。かつて中国のプロリーグに所属し、中国語でインタビューに答えていたこともあって、知名度は抜群。愛ちゃんのことを記事に取り上げると中国では反響が大きいので、愛ちゃんの女心を弄んだ恨み節を掲載したというわけです」

 中国における福原愛パワー、恐るべし。

「ワイド特集 師走の独走 迷走 大暴走」より