「“根元から1センチ”弁護士」と「不倫妻」の今 [股間枝切り鋏事件]

社会週刊新潮 2015年12月10日号掲載

 今年8月に起きた「股間枝切り鋏事件」の冒頭陳述が、11月26日の第2回公判で読み上げられた。

 そこには、元プロボクサーの小番一騎(こつがいいっき)被告(25)と被害弁護士、そして小番の妻で弁護士と不倫関係にあった「A」の三角関係が克明に綴られていた。

 さらに冒陳は弁護士の“被害”についても触れており、

〈陰茎が根元から1センチ程度しか残っておらず〉

〈現在、被害者は、小便用便器での排尿は不可能〉

〈現在も股間に激痛が走るため、座薬を使って和らげている状態である〉

...

記事全文を読む