“硫黄”が濃すぎてホテルのテレビが1年もたない!(群馬県) 全国「濃すぎる温泉」体験記(4)

旅・街歩き週刊新潮 2015年11月26日雪待月増大号掲載

 選りすぐりの「濃すぎる温泉」の効能はいかに――。ガタがきている記者のカラダで、北から南までを訪れる旅である。今回は、お馴染みのあのニオイが満ちる温泉を目指した。

 ***

 群馬県の、万座・鹿沢口へ。そこからワゴン車で、標高1800メートルの万座温泉へ向かった。車中で、万座ホテル聚楽の総支配人、小野清人さん(57)が説明してくれた。

「万座温泉は硫黄濃度の高さが、全国2位の新潟県月岡温泉に大差をつけて1位です。その中でも聚楽の温泉“法性の湯”は1キロ当たり300ミリグラムと一番濃度が高い。

...

記事全文を読む