「イスラム国と対話せよ」というなら、テレ朝は記者を送り込め

社会週刊新潮 2015年12月3日号掲載

 イスラム国(IS)によるパリでのテロを受けて、日本の言論空間には不可思議な意見がはびこっている。〈話し合いのテーブルに着く努力を〉なる意見を載せる「朝日新聞」、〈対話を進めるためにはどうしたらいいか〉と発言した法政大学の田中優子教授……。

 さらにテレビ朝日系『報道ステーション』の古館伊知郎キャスターは、

〈この残忍なテロはとんでもないことは当然ですけども、一方でですね、有志連合の、アメリカの誤爆によって無辜の民が殺される。結婚式の車列にドローンによって無人機から爆弾が投下されて、皆殺しの目に遭う。

...

記事全文を読む