ボージョレがなんの靖国に並んだ日本酒「276銘柄」

社会週刊新潮 2015年12月3日号掲載

 新嘗祭(にいなめさい)を標的にした爆発事件で騒然となった東京・九段の靖国神社だが、どっこいこの季節ならではの宴は、予定どおり催されている。

 11月28日までの5日間、神社本殿へと続く参道が舞台となるのは「黄葉見(こよみ)SAKE2015」。ライトアップされて一層艶やかに色づく銀杏の並木を見ながら、全国47都道府県の地酒を利き酒できるイベントだ。共催者である一般社団法人・千代田区観光協会の広報担当者が言う。

「昨年に続いての試みですが、担当者が北海道から沖縄に散らばる蔵元に、手紙を書くなどしてお願いした結果、今年は飲み比べイベントでは国内最多の276銘柄を揃えることができました。

...

記事全文を読む