ジャンボ宝くじ「10億円」へのアプローチ

社会週刊新潮 2015年12月10日号掲載

 日頃、相場がああだ利回りがこうだと、懸命に知恵を絞って資産運用や投資に取り組んでいても、やはり一攫千金の夢も捨て難い。その夢を見る時期が、今年もやってきた。
 第688回全国自治宝くじ――年末ジャンボ宝くじが11月25日、全国同時に発売された。
 目玉は、1等7億円、前後賞各1億5000万円を合わせて10億円という、宝くじ史上最高額の当籤金だ。
「私どもは常に魅力ある商品づくりを進めております。年末ジャンボ宝くじはすでにイベントとして定着しており、また売り上げも大きいことから、お客様の“より高額の当籤金を”という声にお答えする形で、この金額としました」(全国自治宝くじ事務協議会)

...

記事全文を読む