露 ドーピング制裁で“棚ぼた”を喰えそうな日本選手

スポーツ週刊新潮 2015年11月26日雪待月増大号掲載

 ロシア陸上界がドーピング汚染されているとして、国際陸連から資格停止処分を受けた。このままでは、女子棒高跳び世界記録保持者のイシンバエワらロシアの陸上選手は、来夏のリオ五輪に出場できなくなる。

「昨年末から“国家ぐるみの不正だ”と欧州メディアが大騒ぎしていますが、一向に改善しないので、8月に就任したコー国際陸連会長が大鉈(おおなた)をふるったのです」

 と全国紙デスクが語る。

「ただ、“シロの選手まで五輪に出られないのは不憫だ”という意見もある。なので、“シロの選手は容認する代わりに、クロの選手を徹底的に罰する”というのが落としどころになりそうです」

...

記事全文を読む