農林副部会長「中川郁子」が放つチュー理空論

政治週刊新潮 2015年11月26日雪待月増大号掲載

 どの口でかと思えば、あの口であった。

 11月13日昼、自民党本部で開かれていた、TPP(環太平洋経済連携協定) の農業支援策を検討する会議でのこと。西川公也農林水産戦略調査会長(72)と小泉進次郎農林部会長(34)が提案したペーパーに対し、

「『農村整備』という言葉が一文字も入っていないことを残念に思います!」

 と、チューモンを付けた者がいた。不倫・路チュー でお馴染みの、中川郁子(ゆうこ)代議士(56)である。

 続けて曰く、

「農地の集約、大規模化、老朽化対策も必要であり、災害に強いということは生産性を向上するものだと思っています。

...

記事全文を読む