山口組組長から2000万円を借金「日大名誉教授」が泣き崩れた

社会週刊新潮 2015年11月19日号掲載

 禍と福、美と醜、善と悪。物事はすべて表裏一体だが、「法」と「無法」も同根であったのか。日大の名誉教授に上り詰めた法学の権威が、アウトローの世界の大立者と“お付き合い”し、巨額の借金をしていたのである。その真意を問うと、齢77の老教授は、電話の向こうで泣き崩れて――。

 ***

「なんでこんなに苛(いじ)められなきゃならないの……」

“問題”が発覚したその夜、携帯を鳴らすと、渦中の人物はしばらく沈黙した後、絞り出すようにそう述べた。

「参った。もう15年も前のことでね。

...

記事全文を読む