「高倉健」のお骨を口に入れ“アチチ”と火傷した「東映会長」

芸能週刊新潮 2015年11月19日号掲載

 高倉健(享年83)の逝去から1年が経ち、少しずつ密葬の様子が関係者から語られ始めてきた。昨年11月12日に東京・代々幡(よよはた)斎場で営まれたその場に列席が許されたのは、島谷能成・東宝社長、岡田裕介・東映会長、田中節夫・元警察庁長官、老川祥一・読売新聞最高顧問、降旗康男監督の5名。健さんの妹である敏子さん(80)や甥・姪などには伝えられておらず、“身内”と呼べるのは血のつながらない“養女”のみだった。

 ***

 列席者に当日のことを問うと、押し並べて、「ノーコメント」(老川氏)などといった対応をするものの、

...

記事全文を読む