ロシア機「爆破テロ」ならどう出る「プーチン」

国際週刊新潮 2015年11月19日号掲載

 乗客乗員224名全員が死亡した、10月31日のロシア機墜落。これが“事故”なのか“事件”なのか、様々な情報が乱れ飛んでいたが、ついに“事件”として新たな展開をはじめた。

「11月7日、事故調査委員会のエジプト人調査官が、ボイスレコーダーの最後の部分に残っていた雑音を“9割がた、爆発音とみている”と発言したことなどで、テロ爆破が濃厚になった」(外信部記者)

 早くからテロ説を唱えてきたアメリカ、イギリスと、それを認めようとしないロシア――この構図はそのまま、シリアのアサド政権への対応と重なる。

...

記事全文を読む