篠原涼子も阿部寛も“見逃し配信”の稼ぎ

企業・業界週刊新潮 2015年11月12日号掲載

 狙いは広告だという。

 10月26日に始まった在京民放5社(日本テレビ、テレビ朝日、TBSテレビ、テレビ東京、フジテレビ)の番組配信サービス「TVer(ティーバー)」である。阿部寛主演の『下町ロケット』(TBS)や、篠原涼子が苦戦中の『オトナ女子』(フジテレビ)など、ドラマとバラエティを中心とする約50番組を無料で見られるのだが、

「今まで各局が独自に行ってきた番組の配信サービスを一括した点が、このサービスの新しさ。その背景にあるのが、歯止めのきかない若者の“テレビ離れ”です」

...

記事全文を読む