【マンション偽装】地盤データ取り寄せでわかった“山手線西側がカタい” 首都圏の地盤を点検した!

社会週刊新潮 2015年11月12日号掲載

 横浜から始まり、今や全国に拡大する「マンション偽装」問題。現在の住まいを再点検する時、まず知っておくべきは、杭を打ち込む「支持層」までの深さだ。首都圏の主な場所の地盤は、どうなっているのだろうか――。

 ***

 まず前提として、“杭の長さは短いほうがいい”。マンション選びに関する著書を多数出している建築家の碓井民朗氏は、

「杭打ちに関していえば、20メートル以上深く打たなくてはいけない所はいちおう疑ってみたほうがいい」

 と言う。

「そもそも杭というのは上からかかる建物の重さには強いのですが、水平方向からの力には弱い。

...

記事全文を読む