南京大虐殺の「世界記憶遺産」登録を認めたユネスコ事務局長の野望

中国週刊新潮 2015年10月22日号掲載

 女性を強く動かすのは、「利害」「快楽」「虚栄」の3つだという。それは国連機関の幹部も例外ではない。10月10日にユネスコ(国連教育科学文化機関)が、「南京大虐殺文書」の「世界記憶遺産」への登録を認めた。中国にユネスコの政治利用を許したのは、イリナ・ボコバ事務局長(63)。彼女が胸に秘める野望とは。

 ***

 ブルガリア出身のボコバ事務局長は、上品な容姿とは裏腹に相当の野心家だ。

「彼女の頭にあるのは、来年末に控えた国連事務総長選挙と言って間違いありません。

...

記事全文を読む