上場「ゆうちょ銀行」の命運を握る「ブタ積み預金」とは

企業・業界週刊新潮 2015年10月22日号掲載

 イソップ童話の中には、よく知られた『金の卵を産む鶏』がある。だが、日銀に棲む“カネを産むブタ”を知る人は金融界でもそれほど多くない。親会社の日本郵政と共に11月4日に上場予定の「ゆうちょ銀行」は、その“ブタ”の動きに目を凝らしているのだ。

「検討もしていないし、近い将来に考えが変わることもない」

 10月7日に行われた金融政策決定会合の後、日銀の黒田東彦総裁は、記者団にこう答えた。全国紙の日銀担当記者の解説では、

「国内すべての金融機関は、日本銀行に当座預金口座を開設して、万が一の時に備えて法定準備金を積み立てています。

...

記事全文を読む