【中国「スパイ容疑」で邦人拘束】「公安調査庁」が点数を稼ぎたいのは不要官庁の劣等感

中国週刊新潮 2015年10月15日神無月増大号掲載

 今回の問題で図らずもスポットライトを浴びた公安調査庁、通称「公調」は、一般の方にとって必ずしもなじみ深い組織ではない。果たして、公調とは如何なる組織で、今回の問題の背景には何があるのか――。

 ***

「公調も大変だよね。昔は主に共産党を監視しているだけで良かったけれど、今はせっせと情報を上に上げないといけないから……」

 そう囁くのは、公調の協力者の1人である。

「なぜそんなに点数を稼ぎたいのかといえば、頑張っているところを見せておかないとすぐに“不要官庁”という批判が蒸し返されてしまうからですよ。

...

記事全文を読む