息子3人を東大理IIIに合格させた凄腕「プロママ」ご亭主は選挙で3連敗

社会週刊新潮 2015年10月15日神無月増大号掲載

 孟母三遷の現代版と言うべきか、生活のほとんどを教育に傾け息子3人を東大理IIIに合格させたのが「プロママ」こと佐藤亮子さんだ。彼女の著書によると、ご亭主はあまり教育にタッチしなかったとあるが、子は親父の背中を見て育つものである。総選挙で3回連続落選の父を見て、世の中、勉強だけではないと思ったかどうか――。

 ***

 3歳までに1万冊の絵本を読み聞かせ、1歳から「公文」通い。東大模試でC判定を取ってきた次男には「ボーダー君、ご飯ですよ」とプレッシャーをかけつつ、テストは常に満点を狙わせる。

...

記事全文を読む